ブログ|ハピネスライフ

ブログ

空き家整理を自分で行う手順|業者に依頼するメリットも解説

空き家整理を自分で行う手順|業者に依頼するメリットも解説
実家の両親がなくなりその土地の空き家を管理している、親族の空き家があるが管理する人がいないから自分で掃除をしている、空き家に物があふれていて足の踏み場もないとお悩みの方はいませんか?空き家を片づけることは困難を極めます。片付けの進め方や注意点などを解説していきます。

空き家放置のリスク

空き家放置のリスク

まず、空き家とひとくくりに言っても、住宅と機能ができる空き家、ゴミで溢れている状態の空き家、家自体が今にも崩れそうな状態と様々あります。そんな空き家には人が住んでいないという事でリスクがあります。まずは、空き家のリスクについて見ていきましょう。

放火・盗難などの犯罪の危険性

まずは、長く人が住んでいない場所は、放火や盗難、不法占拠などの犯罪の危険性が高まります。価値の高いものや家電などを盗まれたり、不審火の可能性もあり、とても危険です。

不法投棄されることも

人が住んでいないと知られることで、要らない家電やゴミを不法投棄される場合もあります。空き家の管理をしていても、ゴミが投棄されてしまいゴミ屋敷になってしまい、不衛生な場所になってしまいます。また、火事の危険性も高まります。

特定空き家に指定される可能性

「特定空き家」とは、倒壊や衛生上の問題がある空き家です。管理不全空き家は将来的に特定空き家になる可能性がある状態の空き家を指します。

 

これらの空き家に指定されると、固定資産税の優遇措置がなくなり、通常の税率の6倍を支払わなければなりません。最大で50万円以下の過料が科せられることもあります。近年の空き家増加の問題を受けて、2023年6月に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が改定され、特定条件を満たした空き家は減額措置がなくなり、通常の税率で支払う必要が生じる可能性もあります。

資産価値が下がる可能性

固定資産税の税率が上がる一方で、資産価値は下がる可能性が高いです。定期的に清掃や修繕等を行っていて、いつでも住むことができる状態にしない場合は、年々劣化していく一方です。結果的に、売却時にも価値がなくなってしまう可能性が高いです。

 

また劣化がひどくなった場合、倒壊のリスクも高くなります。

自分で空き家を片づける方法

自分で空き家を片づける方法

次に空き家を自分で片づける方法について解説していきます。この順番を間違えるとさらに時間がかかってしまう場合があるので気を付けましょう。

1,害虫駆除

まずは、片づけを行う前に、害虫駆除を行いましょう。空き家は人の出入りがほぼなく、ゴミがあると虫の住処になってしまいます。空き家にいるシロアリ、ゴキブリなどをまずは駆除を行う方がゴミの片付けには最適です。その場合は、燻煙剤が効果的です。

2,ゴミの回収・不用品の仕分け

次に、捨てるものや不用品、それ以外の捨てない物に分けます。この時、家電は「家電リサイクル法」に沿って処分をする必要があります。エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビは正しく処分するようにしましょう。分別の種類は以下のように行います。

  • 一般ごみ(可燃・不燃)
  • 資源ごみ(ビン・カン・ペット・紙類など)
  • 粗大ゴミ
  • 家電リサイクル
  • 買取りしてもらうもの(貴金属・家電・ブランド品など)
  • 必要な残したい物

 

参考:経済産業省|家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)

3,処分など

ゴミを分別したら、次に処分を行います。この時、捨てる、リサイクル業者に持ち込む、など様々な方法で行います。まだ使用できる物はリサイクル業者に持ち込むことで買取りも行ってもらえるため、費用を抑えて処分することが可能です。また、捨てるものは自治体の処分方法に沿って処分する必要があります。自治体によって処分方法が変わるため注意が必要です。

4,空き家のそうじ

ゴミや不用品などが片付いたら、家の中をキレイにそうじをしていきます。まずは、大きなホコリなどから片付けていき、徐々に細部までキレイにします。人が住める状態ということが1つの目標ですので、その状態になるまで掃除の必要があります。見逃しがちなのが庭です。住宅の中はキレイにしていても、庭が荒れていると空き家とわかりやすい事もあります。また、虫が住みつく場合もあるため、落ち葉は捨て、雑草は刈り取り、庭木も手入れを行いましょう。

空き家の整理 業者・自分で行う場合の費用

空き家の整理 業者・自分で行う場合の費用

空き家の整理には時間がかかるため、業者に依頼したいと考える人も少なくありません。次に空き家の整理を業者が行った場合と、自分で行った場合の費用について解説していきます。

家電の処分費用

まず家電の処分にかかる費用について解説していきます。リサイクル費用は型番やメーカーなどによって変わるため、詳細な料金は家電リサイクル券センター|再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)を確認してください。

リサイクル費用
※主なメーカーの場合
業者の相場
エアコン 990円~ 1,500~3,000円程度
冷蔵庫 3,740円~ 4,000~6,000円程度
洗濯機 2,530円~ 3,500~6,000円程度
テレビ 1,320円~ 2,000~3,000円程度

自分で処分する場合には、運搬も自分で行う必要があるため、高齢者や車を持っていない家庭には厳しい可能性も高いです。その反面、業者に依頼する場合は、運搬費用、トラック代など全ての料金が含まれており、プランによっては自宅の中から運ぶことも行ってくれるため、安全に処分することができます。

業者の片付け費用

また、業者に頼む場合の片付けの費用についても説明します。片付けの費用は、ゴミの量や回収する物の量、部屋の広さなどによって大きく異なりますので、参考までの表となります。すべての状態を見てからではないとわからないため、数社に見積りを依頼し、その中から選ぶようにしましょう。

 

間取り 相場
1K~1R 30,000~80,000円程度
1DK~1LDK 50,000~150,000円程度
2DK~2LDK 80,000~180,000円程度
3DK~3LDK 100,000~350,000円程度
4LDK~ 150,000円~要相談

業者に依頼した場合の費用総額

空き家の片付けには、上の表のように高額な費用がかかります。しかし、業者に依頼することで数日で終わる作業になるため、急いでいる、時間がない、手間を最小限にしたいという方にはオススメです。さらに、遺品整理や買取りも行っている業者もあるため、業者選び次第では、お得な場合もあります。

業者に依頼した方が良いケース

自分で行うと、時間はかかりますが、物を選別したり費用を安く抑えられたりと大きなメリットもあります。しかし、以下のケースでは業者への依頼を考えることをオススメします。

  • 物が多い、ゴミ屋敷化している
  • 体力に不安感がある、体調が心配
  • 人手が少ない
  • 時間が確保できない
  • 害虫が大量に発生している
  • 水回りが使用できない状態

特に、高齢者1人での作業や健康状態が良くない方が作業することはオススメできません。ゴミであふれていなくても、片付けを行って行くことで害虫が動きだしたり、ホコリがまったりと体調が悪くなってしまい、倒れてしまうことも考えられます。さらに、ゴミ屋敷化している住宅では、カビや菌、火災の発生などの危険性もあるため、作業は行わないようにし、業者に依頼を行いましょう。

空き家片付け業者の選び方

空き家片付けを依頼する業者を選ぶときには、数社の見積もりを取ることが大切です。1社では見積りに記載している内容について比べることができないため、最低でも3社以上は見積りを取ることがオススメです。見積りをお願いする会社を選ぶときには以下の点を参考に選びましょう。

  • 実績が豊富
  • 遺品整理や不用品買取にも対応している
  • 口コミや評判が良い
  • 各種許可がある
  • スタッフとの相性が良い
  • 見積りが無料

依頼する業者は、少ない時間ではありますが、お付き合いをしていく事になりますので、スタッフの相性がいいところにお願いすることをオススメします。

ゴミの処分だけ依頼もOK

仕分けや片付けは自分で行い、ゴミの処分だけを業者に依頼するというパターンも業者は引き受けてくれます。このケースでは、業者は要らないものを回収するだけなので、費用も抑えられ、自分がゴミを捨てに行く手間も省けます。その代わり仕分けは自分で行わなければならない点がどうしても残ってしまいますが、効率よく処分が可能になります。

まとめ

空き家は自分で行うことも可能ですが、業者に依頼することで時間を短く、手間を省く事も可能です。

 

ハピネスライフでは、分別不要のごみ入れ放題パックもご用意しております。空き家片付けにはピッタリの要らない物を入れるだけのプランです。1袋9,000円(税込)と不用品回収では特に低価格帯でオススメです。佐世保市周辺の方の空き家の片付けにはピッタリのプランではないでしょうか。

ハピネスライフのごみ入れ放題

 

また、空き家の片付けや遺品整理も行っております。ぜひ、一度ご覧ください。

 

ハピネスライフの空き家整理

 

ハピネスライフの遺品整理

年末年始休業日のお知らせ

【粗大ゴミの処分】行政と不用品回収業者どっちに頼むべき?

粗大ゴミが出たときに、行政に頼めばいいと思っていませんか?実は、粗大ゴミの量や手間などを考えると民間業者に頼むと簡単に済む場合もあります。

今回はどちらに頼むべきか、迷ったらどうしたら良いのか解説いたします。

 

大きな家具の処分の場合

 

大きな家具の処分の場合

大きな家具を処分する際には、行政はオススメできません。

なぜかというと、冷蔵庫、ソファ、ベッド、タンスなど一人で運ぶことが難しい物が多いためです。

行政の処分方法では、物によっては処分場まで車などで持っていく必要があるものの場合やゴミ置き場が自宅から遠く運ぶのが難しい場合もあります。

 

民間業者の場合

 

民間の不用品回収業者であれば、粗大ゴミを運ぶ必要は無く、自宅まで取りに来てくれる上に、自宅の中から運び出してくれます。

不用品回収業者に頼むと高いという印象を持っている方も少なくはないですが、業者によっては「トラック積みこみプラン」といった、粗大ゴミをたくさん改修してほしいという方に向けてのパックプランも用意されており、1つ1つの回収に比べると安く済むことが多いです。

さらに、運ぶ際のケガや事故もなくなるため、安全かつ安心に粗大ゴミを処分できます。

 

リサイクル家電の処分場合

 

リサイクル家電の処分場合

行政にリサイクル家電の処分をお願いすると、全て断られてしまいます。

家電リサイクル法でリサイクルすることが決められている為、行政にはお願いすることができません。

リサイクル家電を買い替える場合には、手数料を払えば家電量販店で処分してくれることもあります。

処分だけの場合は郵便局でリサイクル券を購入し、処分業者へ持ち込まなければいけません。

結構な手間と時間、処分費用がかかることが多いです。

 

民間業者の場合

 

不用品回収業者の場合、リサイクルしなければならない家電でも引き取ってくれることがほとんどです。

さらに、まだ使える家電は無料で引き取ったり、買い取ってくれる業者もあります。

さらに、電話だけで引き取ってくれるため、手間が少なくなり、処分費用も行政とさほど変わらない金額になることがほとんどです。

 

リサイクル家電以外の家電の処分方法

 

リサイクル家電以外の家電であれば行政にお願いしても処分が可能でお得です。

粗大ゴミ処分券を購入し、事前に予約して処分しましょう。

また、自分で持ち込むことで即日処分してくれる場合もあります。

自治体ごとの処分方法に従い、処分するようにしましょう。

 

まだ使える家電の場合

 

使った期間が短い家電や未使用の家電は買取り業者に出す方がお得に処分することができます。

リサイクル用品店や買取り業者に買取りしてもらいましょう。

また、最近では不用品回収業者でも回収と同時に買取りしいてくれる業者もいます。

一度問い合わせてみるのも1つの手段です。

 

【粗大ごみ回収】民間業者のメリット

 

【粗大ごみ回収】民間業者のメリット

メリット①簡単に予約できる

 

民間業者の場合、LINEやお電話1本で手軽に予約が可能です。

即日対応してくれる業者や、時間の指定ができるような会社も多く、自分の予定に合わせた予約ができ、非常に便利です。

 

メリット②行政が回収できないものも回収できる

 

基本的にどんなものでも回収してくれるため、処分が楽になります。

また、リサイクル家電の場合、行政の方が多い費用がかかることも多いため、比較が必要です。

 

メリット③希望の日時に対応してくれる

 

行政の場合、土日祝日が休みのことが多く、さらに夜間も受付してくれない事があります。

業者にもよりますが、24時間受付してくれたり、土日祝日も受付してくれるため、急いでいる人や忙しい人にもオススメです。

 

【粗大ごみ回収】民間業者のデメリット

 

便利な面が多いため、費用が高くなってしまう傾向です。

また、1個だけの依頼の場合は、さらに高くつく場合があります。

民間業者に依頼する場合には、複数個の粗大ごみを一緒にお願いすることで費用を割安に抑えられます。

また、不適切な業者も多いこともデメリットの1つと言えるのではないでしょうか。

見積りより高い金額を請求してくる業者、資格を持たない会社などがあり、注意が必要です。

まとめ

 

粗大ごみを捨てるときには、民間業者にお願いするのか、行政にお願いするのか、迷うこともあるでしょう。

それぞれ、メリットデメリットがあるため、比較し自分に合った方法で処分しましょう。

ケガや自宅の破損がないように慎重に行うようにしていきましょう。

お片付け・不用品処分

 

お引越しや模様替えなどの様々な転機に

不用品になった物の処分にお困りの方は

実はとてもたくさんいらっしゃいます。

しかし、何からしたらいいのかわからない方や

どこに頼めばいいかわからない方も

多くいらっしゃいます。

ハピネスライフではお家丸ごと一軒分

お片付けから不用品の処分まで

お任せいただけます。

「お部屋は自分達でしたいが倉庫や

 ベランダは片付けてほしい」

などという、ご自身では片づけにくい

外の部分のみのお片付けや

倉庫のみのお片付けもお任せいただけます。

ハピネスライフではご依頼者様の

様々なご要望に柔軟にご対応させて頂けます。

お片付けや不用品処分でお困りの方が

いらっしゃいましたら

まずはお気軽にご相談ください。

ここまでご覧いただき

誠にありがとうございます。

今後ともハピネスライフを

よろしくお願い致します。

引越しの不用品処分|あなたに合う方法とは?業者の費用も解説


引越しの不用品処分|あなたに合う方法とは?業者の費用も解説

引越しする時には、要らないもの・必要なものの仕分け、処分は必須となってきます。引越しする際に出る不用品処分の方法について説明します。

また、業者に頼むべきか、自分で処分するべきか悩む方も少なくありません。わかりやすく図で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

引越しで出る不用品処分の5つの方法

 

①引越し業者に引き取ってもらい処分する

②不用品回収(処分)業者に依頼する

③自治体・地域の有料回収で処分する

④自治体・地域の指定場所に持ち込みで処分する

⑤買取りしてもらう

 

①引越し業者に引き取ってもらい処分する

引越し業者に引き取ってもらい処分する

引越し業者に引き取ってもらうことが一番楽に行える方法といえます。引越し業者に依頼すれば、不要なアイテムを一緒に処分してもらえるため、手間が軽減されます。ただし、不用品の処分(回収)は引越し料金に追加料金がかかることが多いです。

不用品処分を提供する引越し業者は、以下のような内容で行っています。

業者名 引き取り可能品目 料金・注意点など
アート引っ越しセンター
参照:
アート引っ越しセンター|不用品処分について
家電リサイクル法対象製品
(テレビ、エアコン、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫)
有料にて処分
家電リサイクル法対象製品以外は不可
サカイ引越センター
参照:
サカイ引越センター|不用品処分
家電リサイクル法対象製品
テレビ、エアコン、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫)
リサイクル料金+収集運搬料金
家電リサイクル法対象製品以外は不可
ハート引越センター
参照:
ハート引越センター
家具家電の引き取り可能 家電リサイクル法対象製品は有料
他家具なども有料の可能性あり
買取りサービスあり

このように、業者ごとで処分してくれる業者もあれば、そうでない業者もあります。お見積りの段階などで事前に担当者に確認してみましょう。

 

②不用品回収(処分)業者に依頼する

不用品回収(処分)業者に依頼する

不用品処分(回収)業者に依頼することで、まとめて家具・家電を処分することができます。

不用品には家具や家電などさまざまな種類がありますが、不用品回収業者を利用すれば、自宅まで回収に来てもらえます。重たい家具や家電などもプロの業者が運び出してくれるため、とても便利です。

 

さらに、不用品処分(回収)を申し込むことで、希望の日時に業者が回収に訪れてくれるので、自分のスケジュールに合わせて処分を行うことが可能です。このような柔軟な対応は大きな利点です。

車両別 料金相場
軽トラック 1.5万円~2万円
1.5トントラック 4万円~
2トントラック 7万円~

不用品業者によって料金設定などが違うので、実際に確認することが大事です。

 

③自治体・地域の有料回収で処分する

家庭から出されるごみのうち、指定ごみ袋(大:45リットル)に入らず、60キログラムを超えない物は「粗大ごみ」としての扱いです。ごみステーションへの排出はできません。

引用:佐世保市|粗大ごみ戸別有料収集精度

佐世保市の申し込みできる品目はこちら

 

佐世保市の粗大ごみ処分方法

佐世保市の粗大ごみ処分方法

佐世保市の場合の、処分方法をご紹介いたします。

①電話での申し込み

粗大ごみ受付センター

月曜日から金曜日

8時30分~17時00分

電話番号0956-46-5300

※廃棄する粗大ごみを自分で屋外に出すことができず、他の人の協力も得られない場合には、収集員が屋内に入って搬出することもできます。この場合、屋内訪問1回につき、別途520円(粗大ごみ処理券1枚)が必要になります。

 

②インターネットでの申し込み

佐世保市の粗大ごみ収集予約システムから手続きが可能です。

粗大ごみ収集予約システム

24時間受付

収集希望日の10日前締め切り

 

予約後の準備

粗大ごみの処分には粗大ごみ処理券が必要です。粗大ごみ処理券を必要な枚数、粗大ごみ処理券取扱所(コンビニ、スーパー、ドラッグストア等)で購入してください。

佐世保市の粗大ごみ処理券販売登録店舗一覧はこちら

 

④自治体・地域の指定場所に持ち込みで処分する

佐世保市の場合、クリーンセンターにごみを持ち込んで、処分することが可能です。他自治体にも同じような施設がありますので、調べてみると良いでしょう。佐世保市の場合は、家庭系一般廃棄物(燃やせるごみ、燃やせないごみ、資源物、粗大ごみ)と事業系一般廃棄物を持ち込むことが可能です。

受付時間 8時30分~17時00分

(毎週日曜日、祝日の一部、年末年始は休業)

東部クリーンセンター:0956-31-3815

西部クリーンセンター:0956-47-5292

 

⑤買取りしてもらう

不用品を買取りしてもらうことで処分することが可能です。スッキリ処分し、お金も手に入れることが可能となります。

リサイクルショップで買取り

メリット 手間・時間が少ない量が多くても一括で査定できる
デメリット 買取金額を自分で決められない

 

大きな家具・家電は持ち込むのが大変という方もいますが、最近は出張型や店舗まで配送サービス付き等、大きなものでも手軽に買取りしてもらうことができます。

 

フリマアプリ・オークションアプリで買取り

メリット 買取金額を自分で設定できる
デメリット 買取まで時間がかかる可能性がある
1つ1つの出品に時間がかかる

 

フリマアプリが発展し、個人間の中古品の売買も加速しています。金額を自分で決めて出品することができるため、リサイクルショップに比べると高い金額で買取りしてもらえる事が多いでしょう。

フリマアプリ・オークションアプリの一例

メルカリロゴ ラクマロゴ ヤフオクロゴ

 

不用品処分の自分に合った方法は?

「はい」「いいえ」で回答するだけで5つの方法のうち、自分にあった不用品処分の方法が見つけられます。

自分に合った不用品処分方法を図で解説

自分に合った不用品処分方法を解説

※図解はあくまで参考用となります。

不用品処分の注意ポイント

不用品処分の注意ポイント

不用品処分時の大切なことを2点解説します。

余裕をもったスケジュールで処分する

急いで不要なアイテムを処分しようとすると、後で後悔することもあります。ゆとりをもって計画的に処分することで、無駄なストレスを避けられると考えられます。

 

スケジュールを余裕をもって設定することで、不用品回収業者にも適切な日時を確保してもらえたり、自分で処分する際にもゆとりを持つことができるでしょう。急いで日程を決めると、業者の都合が合わずに困ることも。また、アイテムごとに処分方法を考えたり、買取や寄付などの可能性を検討したりする時間も確保できます。

 

無理なく不用品を整理・処分するために、余裕をもったスケジュールを心掛けましょう。焦らず計画的に行動することで、効率的な処分ができるだけでなく、周囲への負担も軽減されます。

違法業者に注意

違法業者に注意

違法な業者も多くなっております。見積りが安いからといって、良い業者とは限りません。

不用品処分を業者に頼む時には以下の内容を参考にしましょう。

 

追加の費用に注意!見積もりより高額な請求をされるケース

追加の費用に注意!見積もりより高額な請求をされるケース

業者から提示された見積もりと、実際に作業が進行する際の請求額が大きく異なる場合があります。作業が始まった後に急に追加費用を請求されるケースには注意が必要です。

 

高額な追加費用を請求されることを避けるためには、見積もりの際に明確な内容を確認し、追加料金が発生する場合には事前に説明を受けることが大切です。作業前に料金の詳細を確認することで、後々の不快な状況を避けましょう。

 

資格を持たない業者に注意!

また、一般廃棄物処理業許可や古物商の資格を持たない業者にも注意が必要です。これらの資格を持つことは法律で義務付けられており、適切な不用品の処理を行うためにも重要です。許可を持たない業者に頼むと、違法な処分が行われる可能性があるため、ホームページや名刺などで資格の有無を確認することが大切です。

 

ハピネスライフは以下の資格を取得済みです。

 

一般廃棄物収集運搬許可:佐世保市指令廃指第71号

産業廃棄物収集運搬許可:許可番号04200222668

古物商許可:長崎県公安委員会許可 第921180000521号

遺品整理士

解体業許可

引越しで要らないものをリセット!

引越しを機に、不用品を処分して、新しい家具や家電で気持ちもリセットしましょう。不要なものから解放され、新たな生活をスタートさせるチャンスです。不用品回収・不用品処分業者を理解し、自宅のリセットに役立てましょう。

遺品整理

遺品整理、突然の事でどうしたらよいか

分からない方も多くいらっしゃいます。

分かっていてもすぐに片づけることができない、

遠方に住んでいてなかなか進まない、

多忙な日々で手が空かないなど

様々な事情があると思います。

 

 

ご家族やご親族の方が亡くなられた際、

故人が遺されたものをどうしようかと悩まれます。

ハピネスライフでは基本的に作業には

立ち合いが不要ですのでご遠方にお住まいの方でも

ご安心してご依頼いただけます。

もちろんお近くにお住まいの方でも

ご多忙な方、ご自身で作業するのが困難な方、

どんな方でもご依頼いただけます。

ハピネスライフでは一人一人に合った

プランをご用意し、ご要望に応えます。

 

 

「いくらかかるか不安...」

「今すぐに決めないといけないようで焦る」

 

そんな方がいらっしゃいましたらご安心ください。

ハピネスライフではお見積りは無料となっており、

必ず現地にてお見積りさせて頂きます。

御見積り時と変わりなければ

作業後に追加の料金がかかるおそれがなく、

御見積りが出てからゆっくり考えられるので

ご不安な方もご安心ください。

 

私たちハピネスライフは

それぞれの方々の想いを汲み、

ご要望に応じて整理させて頂きます。

まずは一度ご相談ください。

 

ここまでご覧いただき

誠にありがとうございます。

今後ともハピネスライフを

よろしくお願い致します。

 

 

 

実家のゴミ屋敷を片づけたい!リスクや費用を説明


実家のゴミ屋敷を片づけたい!リスクや費用を説明

「実家の中がゴミで溢れかえってしまった…」そんな困難な状況に直面した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。実家は思い出の詰まった場所であり、そのままでは手に負えないほどのゴミが積み上がっていることは、心を重くさせる悩ましいことだと思います。

ゴミ屋敷の片付け・不用品回収という解決策があり、本記事では効果的な清掃方法や費用相場、ゴミ屋敷のリスクなどについてご紹介いたします。

こんな人にオススメ!

  • 実家を片づけたい
  • ゴミ屋敷になった実家をキレイにしてほしい
  • 実家の不用品を回収してほしい

実家のゴミ屋敷を片付ける費用相場

ゴミ屋敷清掃のおおよその費用・間取りごとの費用相場

ゴミ屋敷の片付け費用の相場は、以下の表を参考にしてください。

間取り 作業時間 相場
1K〜1R 1〜3時間 30,000円〜80,000円
1DK〜3LDK 2〜12時間 50,000円〜500,000円
4LDK 6〜15時間 220,000円〜700,000円

 

以上の相場は一般的な目安であり、実際の状況によって異なる場合があります。

ゴミを運ぶトラックの大きさによっても費用が異なります。

より具体的な例を挙げると、実家の間取りが同程度の一軒家を想定した場合、ゴミの量が床一面に散らかっている場合は約10万円〜15万円が目安です。

一方、ゴミが山積みされている場合は約25万円〜40万円が目安となります。

ゴミの状態や作業の難易度によっても費用は変動するため、実際の見積もりを取ることが重要です。

以上の相場を考慮してゴミ屋敷の片付け費用の見積もりを行ってください。

実家のゴミ屋敷放置の危険性

 

ゴミ屋敷を放置すると最悪の場合、命にかかわるケースも多くあります。

  • 火災のリスク
  • 健康面・精神面のリスク
  • 近隣住民への迷惑等

ゴミ屋敷の火災のリスク

 

引用元:東京消防庁|6 コンセントの掃除を心掛けましょう。

 

ゴミが自宅の外まで出てしまっている場合は放火の危険性、自宅の中だけの場合でもタバコやストーブ、コンロ等の火器によって発火してしまうことがあります。

 

さらに、電化製品のコンセント部分にホコリがたまっていると、そこから引火し火災になるリスクも高いです。

放火でなくても、タバコの吸い殻からの引火による火災も考えられます。

 

ゴミ屋敷の健康面・精神面へのリスク

ゴミ屋敷は健康と精神面に大きなリスクをもたらします。ゴミの腐敗や有害物質の放出により、空気や水が汚染され、私たちの健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、ゴミの臭いや害虫の発生はストレスや不快感を引き起こし、心の健康にも悪影響を及ぼします。早めのゴミ屋敷の片付けと適切な処理は、健康と心の安定を保つために重要です。そのためにも適切な業者への依頼が重要となります。

 

近隣住民への迷惑等

 

ゴミの臭いや異臭が広がることで、周囲の生活環境を悪化させます。また、害虫や害獣の発生や病原菌の増殖により、近隣の住宅や庭に被害が及ぶ可能性もあります。

さらに、ゴミ屋敷は周囲の人へ不快感を与えることが多く、街全体の美観や評判にも影響を及ぼす可能性が大きいことが考えられます。近隣住民は静かな環境や清潔な街を求めていますので、ゴミ屋敷の問題は迅速に解決する必要があります。

 

実家がゴミ屋敷になってしまう理由

  • 体力が落ちて片づけられない
  • 性格的な要因2つ(人の手を借りたくない、捨てられない性格)
  • ストレス・孤独感が強い
  • 判断能力が落ちてきた

 

体力が落ちて片づけられない

 

体力の低下によるゴミ屋敷化は、以下のような要因から引き起こされることがあります。

 

身体的制約 老化や病気により身体的な制約が生じ、掃除や整理整頓が難しくなることがあります。
重い物の移動や長時間の作業が困難になり、ゴミが溜まりやすくなることがあります。
疲労や倦怠感 忙しい生活やストレスにより、疲労や倦怠感が蓄積されることがあります。
このような状態では、掃除や片付けに取り組む気力や体力が不足し、ゴミが積み重なる可能性が高まります。
身辺のサポートの不足 孤独や介護の必要性により、身辺のサポートが不十分になることがあります。掃除や整理整頓に対する援助や支えが欠如することで、ゴミが増え続ける状況が生じることがあります。

 

性格的な要因|人の手を借りたくない・捨てられない性格

 

ゴミを捨てることに対して強い不安や執着を感じる場合があります。

過去の出来事や思い出が詰まったアイテムを手放すことに葛藤を抱えていたり、物を大切にする傾向があるために捨てられないという方もおります。

捨てられない性格の方は、自分自身で問題を解決しようとする意欲が強く、他人の手助けを受け入れることに抵抗を感じる場合があります。

自己主張や独立心が強いために、誰かに頼ることを避ける傾向があります。そのような方には話し合いをしていただく必要があります。

 ゴミ屋敷化は心理的な負担や困難な状況によって引き起こされることがあります。

捨てられない性格のために、ゴミの蓄積が進み、片付けが難しくなるという悪循環に陥ることがあります。

ゴミ屋敷化にはストレス・孤独感も要因

 

高いストレスを抱えることは、ゴミ屋敷化につながる可能性があります。ストレスや不安が重なると、掃除や整理整頓に時間やエネルギーを割く余裕がなくなります。その結果、ゴミがたまり、環境が乱れることがあります。定期的なリラックスや趣味に時間を割くこと、ストレス発散のための運動や散歩などを取り入れることで、心のバランスを整えることができます。

また、人間関係の希薄さや社会的な孤立感が高まると、モチベーションが低下し、環境の乱れやゴミの蓄積が進むことがあります。こういった場合には専門的な心理カウンセラーに相談することもオススメです。

判断能力が落ちてきてゴミが捨てられない

 

判断能力が低下すると、「物の価値や必要性を適切に判断すること」「物の整理整頓」「物を捨てるという決断を下すこと」が難しくなります。必要のない物や捨てるべき物を見分けることができず、結果的にゴミが溜まりやすくなります。

まずは家族や親しい友人等に協力を頼むことで、意見やアドバイスを受けることが可能です。また、全体を一気に片付けるのではなく、小さなエリアやカテゴリーから始めましょう。少しずつ進めることで、判断能力を徐々に回復させることができます。その後、ゴミを捨てるルールを設けることで判断をサポートしましょう。

 

実家がゴミ屋敷になってしまった時の改善方法

実家がゴミ屋敷になってしまった場合の対処法をご紹介します。

  • 自分で片づける
  • 親と一緒に片づける
  • 親自身に片づけてもらう
  • 業者に頼む

 

自分で片づける

 

まずは、親と相談することが最重要となります。親の状況や心情を理解し、サポートを提供することが大切です。ゴミ屋敷化の原因や困難さについて話し合い、共感しましょう。

さらに、一度に全てを片づけることは、親の精神面や自分の体力などを考慮すると難しいと考えられます。小さなエリアから始め、部屋やスペースごとに優先順位をつけて取り組み、段階的に進めていきます。

 

親と一緒に片づける

こちらの場合にも、親と相談することが一番重要となります。親の感じていることや希望、不安などを共有することで、ゴミ屋敷から抜け出せると言えるでしょう。

ゴミ屋敷の片づけは大きな作業ですが、一度に完了させようとせず、小さなステップで進めていきましょう。少しずつ進めることで、親も負担を感じずに取り組めるでしょう。また、片づけ作業中に親が感じる苦痛や辛さに寄り添うことも大切です。共感の気持ちを示し、彼らのサポートをしっかりと行います。お互いに励まし合いながら進めると良いでしょう。

 

親自身に片づけてもらう

 

親のモチベーションを高めることが重要です。ゴミ屋敷の状況を改善することで快適な生活を取り戻せることや、健康面や安全面への影響を意識するなど、具体的なメリットを伝えましょう。片づけは大きな作業ですので、親自身が一度に完了させようとせず、小さな目標を設定して進めることも重要です。例えば、一つの部屋や一つのエリアから片づけを始めるなど、達成感を得やすい目標を設けましょう。

また、継続的にフォローアップも必要の場合が多いです。定期的に進捗状況を確認し、親の意欲を維持させるためのサポートを提供しましょう。

親自身が片づけを行う場合でも、時間や労力が必要となりますので、親の健康状態や体力に十分な配慮を行いながら進めることが大切です。また、必要な場合は専門家や片づけのプロに相談することも検討してください。

 

ゴミ屋敷清掃を業者に頼む

ゴミ屋敷の片づけにおいて、親自身が片づけることが難しい場合は、業者に依頼するという選択肢もあります。実家が遠方、疎遠、サポートする人がいない場合は、業者に依頼することが最適です。

 

失敗しない業者選び

 

ゴミ屋敷の片づけを業者に頼む際、信頼性や安全性を確保するために失敗しない業者選びが欠かせません。自宅や大切な人の住む場所を任せる上で、信頼できる業者を見つけるために、以下のポイントに注意してください。

  • 親と話し合いをする
  • 相見積もりをとる
  • スタッフの質が良いところへ依頼する

 

親と話し合いをする

 

まずは、相手の気持ちを尊重しましょう。親がなぜゴミ屋敷になってしまったのか、その背景や理由を理解することが大切です。相手の気持ちに共感し、尊重することで、話し合いはスムーズに進みます。

次に、穏やかな雰囲気を作りましょう。怒りやイライラを抱えたままでは、意見がぶつかりやすくなります。冷静な状態で話し合いを進めるために、落ち着いた雰囲気を心がけましょう。

共通の目標を設定することも重要です。ゴミ屋敷の片づけに対して、家族全体で共有する目標を明確にしましょう。安全な生活環境の確保や家族の健康への配慮など、具体的な目標を設定することで、話し合いの方向性が明確になります。

コミュニケーションを活発にすることも大切です。お互いの意見や懸念をしっかりと伝え合いましょう。話し合いを通じて、解決策やアイデアを出し合うことが重要です。意見の交換を通じて、協力的な解決方法を見つけましょう。

 

他社と相見積もりをとる

 

最低でも2社以上の相見積もりを取ることがおすすめです。複数の業者から見積もりを取ることで、料金やサービス内容の比較がしやすくなります。また、異なる業者のアプローチや提案を聞くことで、より多角的な視点での判断が可能となります。1つの業者だけに依頼すると、料金やサービスの適正性がわかりにくくなる恐れがあります。しかし、2社以上の相見積もりを取ることで、料金の相場やサービスの内容をより正確に把握することができます。また、異なる業者の提案を比較することで、自身の要望やニーズに合った最適な選択ができます。

最終的な判断は自身の判断で行いましょう。見積もりを比較し、信頼性や提供されるサービスのクオリティを考慮した上で、納得のいく業者を選びましょう。2社以上の相見積もりを取ることで、より適切な選択ができる可能性が高まります。

 

スタッフの質良いところへ依頼する

スタッフの質が良い業者を選ぶことは、サービスの品質や作業の効率性に大きな影響を与えます。優れたスタッフは経験豊富であり、ゴミ屋敷の片付けにおいて必要なスキルと知識を持っています。効率的に作業を進め、安全かつ迅速に問題を解決することができます。

また、口コミは、他の人が実際にその業者のサービスを利用した経験に基づく評価です。口コミを調べることで、他の人がどのような体験をしたのか、その業者のスタッフの質や対応力についての情報を知ることができます。

 

 

実家のゴミ屋敷を解決する方法は業者に依頼することがおすすめです。専門知識と経験を持った業者が効率的に片付けてくれます。信頼できる業者を選び、相見積もりを取りましょう。

解体前整理・家屋解体

家は年数が経つと古くなり、

取り壊したり建て替えたりします。

誰も住まなくなったお家は

管理が行き届かず朽ちてしまい

そのまま放っておくと倒壊の恐れも出てきます。

そうなる前に家屋の解体をお考えになると思いますが

まだお家の中にお荷物が残っていると

解体業者様はお困りになります。

そういったときにハピネスライフでは

解体前整理といって家屋解体前まで全て整理し

不用品を処分することができます。

アンテナやエアコンの取外しなど

本来なら色々な業者様に依頼することも

ハピネスライフではまとめてお任せいただけます。

さらにハピネスライフは

解体業許可も取得しているので

家屋の解体まで併せてご依頼いただけます。

色々な業者様に依頼すると

予定を合わせて打ち合せをしたり

色々な確認事を別々の業者様に

確認したりなどの面倒がなく

一社にお任せすることにより

お値段も抑えることが可能となります。

家屋の解体や解体前の整理などで

お困りの方がいらっしゃいましたら

ぜひ一度ハピネスライフにご相談ください。

大量の不用品整理

 

生活に影響を及ぼすほどの

大量の不用品の整理もお任せ下さい。

不用品の処分だけでなく簡易清掃まで

当社でまとめてさせて頂くことができます。

また、家屋の解体等もできますので

色々な業者様に頼む必要がなく

お客様のお手間も軽減することが可能です。

 

 

ご自身やご家族様では難しいような物量の

不用品の処分でお困りの方は一度ご相談ください。

当社では作業中のお立合いは

基本的に不要となっておりますので

遠方にお住まいの方やご多忙な方でも

お時間を気にせずにご依頼いただけます。

また、お見積り後の作業となっておりますので

後から高額な請求が発生する心配もありません。

まずはお気軽にご相談ください。

ここまでご覧いただき

誠にありがとうございます。

今後ともハピネスライフを

よろしくお願い致します。

生前整理

生前整理、まだ元気なうちに身の回りの物を

整理して心豊かな生活を送るサポートを致します。

ご自身がこれからの事を考えてご依頼いただく方、

ご家族様が依頼される方、

施設に入居される際のお家の整理を

ご依頼いただく方など様々なご要望に

ご対応させて頂きます。

 

 

 

ご高齢の親御様を想ってご依頼いただく方や

ご自身がご家族様の今後を想ってご依頼いただく方

ご自身ではできずにいる方のために

ハピネスライフでは整理を代行させて頂きます。

生前整理でお悩みの方がいらっしゃいましたら

一度ハピネスライフにご相談ください。

ここまでご覧いただき

誠にありがとうございます。

今後ともハピネスライフを

よろしくお願い致します。